負債100万円からのスロット奮闘記!

パチスロで負けた100万円を遂にパチスロで取り戻すことに成功!
2017年からはスロで稼いで家族旅行へ!!

「女性の話を聞いてハッとさせられたこと」




どうも〜。



「秦の怪鳥」こと裏ヤミーです。



え?



また裏かよっ!?って?



だってしょうがないじゃないですか…。



全然打ちに行ってませんもんw



正月休みって、結婚して子供がいたら



自分の時間なんてありませんよw



互いの実家に帰ったり、子供を遊びに連れてったり



唯一自由になるのは妻子が寝てから朝までの時間くらいのもんです。



じゃぁそこで何してんだ?って話ですが…





キングダム読んでます。






随分前から気になってはいたんですが



すでに単行本もかなり出てるようなので



一から読むのはしんどいなぁ〜って思ってまして。



しかし正月休みなんで手を出したところ



すでに20巻まで読みました!



いやほんと、マンガの中毒性ってヤバいww



登場人物の名前が全然覚えられないのが困りますが(汗)



漢字多すぎぃっ!



王騎将軍と信しか覚えてない…。



王騎将軍はワンピースの白ひげみたいでかっこいいですねっ!



あ、



このままキングダムの話で終わりそうなので本題に移りますw






「女性の話を聞いてハッとさせられたこと」です。




年末の忙しい中、来店してくれた僕のお客様




ナミさん。




彼女には子供が二人いて



普段は保育園に預けて仕事をされています。



その仕事とは「ホール店員」



某大手パチンコ店のホール店員のパートをしています。



ナミさんはヤミーがハイエナであることは知りません。



なので仕事の話も、さも何も知らないかのように聞きます。



数年働いていましたが



遂に仕事をヤメることを決意したそうです。



他のバイトなんかよりも時給は良かったですし、



何でヤメようと思ったのか聞いたところ













詳しく聞くと



今はまだ子供が小さいからいいけど



小学生とかになってくると



自分の仕事を子供に聞かれた時に



胸を張って言うことができないそうです。



ヤミーの心にグサッと刺さりました。



ナミさんは生活をするために、子育てをしながら働いています。
(仕事をしている旦那様もいます)



何1つ引け目に感じることは本来無いはずです。



それでもそう思わせるほどに




パチンコ業界の印象は悪い。





打っている人間ではなく働いていてもだ。



ナミさんは今後、福祉系の仕事を探すそうです。



確かに印象は全く違いますね。



自信を持って子供に話せるでしょう。



世間の印象が悪いことは誰しも感じるところではあると思いますが



ナミさんの言葉は衝撃的でした。



今後もヤミーはスロットを打つことを



誰にも言えないでしょう…。



もちろん、女性もたくさんホールにいますし



例えば奥さんがいる方でも



「遊び程度ならいい」「負けないならいい」と



承諾してくれてる家庭もたくさんあると思います。



それでも一般的に見るとここまで印象は悪いのです。



専業なんて……(怖)



これから専業を目指す方がもしいらっしゃるのなら



どれだけ大きいリスクを背負うかよく考えてから行動してください。



もちろん自分の人生です。



自分の好きなように決めたらいいと思います。



ヤミーも誰と比べるのではなく



自分自身に嘘を付かずに生きて行きたいです。



なかなか難しいですけどね…。



ナミさんが福祉の仕事に就いて



家族を幸せに暮らせることを願います。








ちなみにナミさんは



たまに旦那さんと…













パチンコ打ちに行くらしいですけどね。



















人間って面白いですねw



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。