負債100万円からのスロット奮闘記!

パチスロで負けた100万円を遂にパチスロで取り戻すことに成功!
2017年からはスロットを楽しみつつ養分に戻りたい。

消えないトラウマ (2)

※ 消えないトラウマ (1)からお読み下さい。







家を飛び出した僕に送られてきたメールとは…。




隠し事をしていたことに対する謝罪とその内容。




しかし読み進めると浮気のことが出てこない…?




彼女は僕にバレたと思い謝罪してきた内容は




浮気のことなんかではなく、実は






風俗で働いていることだった。





昼は普通に仕事をしていたので




まさか彼女が風俗穣なんて思いもしなかった。




僕は仕事で帰りも遅いので気がつかなかった。




もともと風俗関連が嫌いな僕は




後日、荷物などを取りに家に戻った時に




風俗をヤメるように説得した。




ちなみに別で浮気もしていたことも分かった。




彼女は「浮気も風俗もヤメるから別れたくない」と言う。




しかし、疑いながら暮らすのは正直しんどいし




自信もないので僕は家を出ることを告げる。





すると彼女は台所に行き





包丁を持ち出し、





「出て行くなら私を殺して出て行って」






なんとか包丁を取り上げて放り投げ





僕は出て行き車に乗り込んだ。





すると今度は僕の車の前に





大の字で地面に寝る。




「出て行くなら敷き殺していって」






これでは車も出せないしギブアップ。




仕方なく部屋に戻ることに…。




正直出て行っても住むところが無い僕は




次の住まいが決まるまで何とかやり過ごすことに。




その間も何度も




「別れたくない」と言った次の日には浮気をし




「別れなくない」と言った次の日には風俗に行く





本気で二重人格なのかと疑ってしまうくらい。





かれこれ1ヶ月そんな生活が続き





僕の体重は10kgも減ってしまい




あげく自立神経失調症になってしまった。




そして僕は彼女の居ない隙に荷物をまとめて




次のアパートへと引っ越した。




それからも何度かメールや電話があったが




その度に鳥肌が立ち




全て無視した。




こうして僕はトラウマを抱えたが




新たな一歩を踏み出し今に至るわけだ。





そのあとに今の嫁さんと出会い救われるのだが





嫁さんと出会ったときに、本気で





マザーテレサかと思った(笑)





つまりそれくらい僕自身が病んでいたということです。





もう6年以上前の出来事ですが





トラウマってのは簡単に消えないものですね。





まさか雑誌の表紙で見ただけで




今でも鳥肌が立つとは思わなかった…。




正直そんな自分にもガッカリです。





結婚されてる方々は大丈夫ですが





独身や学生の方々、





安易な同棲はヤメた方が身のためですよ。






資金に余裕が無いのに




ゴッドで早めの天井狙いをするようなもんです(笑)





まぁそこから学ぶこともたくさんありますけどね。





リスクを踏まえた上での行動が





人生でもスロでも大事という





無理矢理繋げたところで終了です(笑)





次こそは稼働記事書きます!












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。