負債100万円からのスロット奮闘記!

パチスロで負けた100万円を遂にパチスロで取り戻すことに成功!
2017年からはスロットを楽しみつつ養分に戻りたい。

YUMMY と パチンコ (新天地5号機編) 


5号機の幕開けは



4号機世代には辛いモノだった…。



確かに回るけれど



とにかく出ない…。



ホールからメダルの入った箱が消えた。



延々と下皿モミモミ状態。



なかなか箱に出が伸びなかった。



そんな中打っていたのが




シェイク2



単純に音が好きだった。



大都は前から音作りは上手かった。



BBも400枚ちょいあったので



偏ればなんとか箱は使えた。



それでもやはり5号機はつまらなかった。



ここでスロットからしばし離れ



パチンコに戻ることになります。



好んで打っていたのが





GARO



とにかく出玉速度がハンパ無く早かった。



これ以上の速度は後にも先にも無いんじゃないかな?



魔戒チャンスさえ入れれば80%継続で



2000発の連打。



右で削られることも無くモリモリ増えた。



通常に戻っても



何故かすぐ引き戻すことの多い機種だった。



5号機なんかよりずっと面白かった。



RTなどの機能が付いてはきたものの



それでも打つ気にはなれなかった。



しかし遂にART機が出始めてスロに戻ることになる。






新鬼武者



純粋なボーナスも搭載し



そこからARTのチャンスもあった。



低設定でもARTのチャンスがそこそこあったし



BARが決してゴミではなかった。(必ず高確スタート)



設定の奇遇、上下の判別が容易で



紫ガッチャにドキドキした。






エウレカセブン



音とサウンドが最高でした。



コーラリアンモードが楽しくて好きだった。



これをきっかけにアニメを全話見て更にハマった。



あまり勝った記憶はないですけどね(笑)





北斗の拳(世紀末)



いろいろと微妙な部分はあったけれど



他の台よりは面白かった。



事実、5号機初の万枚を2回出している機種。



拳王乱舞が熱かった。



意外と設定も分かりやすかった気がする。



この頃のサミーは面白かったのになぁ…。今では…。



しかし、それでも純増は遅く物足りなさは残っていた。





が!この機種でそれも解消される。





バジリスク2



強チェがとにかく熱い。



当初としては純増の早さが逸脱だった。



音も良いし演出面も良し。



原作を壊すことなく見事なバランスだった。



夜遅い時間からでも十分勝負できたのも良かった。



何より設定推測しながら打つという



スロットの醍醐味があった。



低設定でも1000〜2000枚くらいなら出せたし、



高設定の安定感もさすが。



全ておいて良台だった。



今でも5号機一番の名機だと思っています。



そして本業の方では



遂に独立を果たし



一人で仕事をしていくことになる。



売上げが上がらなければ収入ゼロという



何にも守られていない状態は怖さもあったけれど



新しいステージへと踏み出した。



幸い赤字になることはなく今に至ります。



自分でお店をやり出すと



一人でしていたので後輩の教育やミーティングもなく



仕事が終るのは早くなった。



この頃から仕事帰りに打つということも増えてきた。






そして僕を



負債100万まで追いつめたキッカケとなる機種に出会う。






北斗の拳(転生)



導入当初、夜から空いていた台に適当に座り



開始5Gほどでいきなり当選。


(後に256ゾーンだったことを知る)



これが北斗揃い、レインボーで



あっという間に5000枚出た。



AT機の出玉速度が衝撃だった。



しかし、このビギナーズラックが



後に歯止めが効かなくなってしまうのだが…。



「あべしシステム」



これが非常に厄介だった。



ゾーンやモードなどの知識も無いまま



とにかくヤメ時が分からない。



中途半端に溜まったあべし数が



結局当たるまでツッパらせる。



このループが延々続くのだった。



しかし初回に良い思いをしてしまったがために



ついつい打ってしまう。



負のループの始まりだった。



見事にサミーの策略にハマってしまったわけだ。



こうしてバジ2と北斗転生をメインに



AT機の事故を期待して



ひたすら負け続け




遂に100万負けまで来てしまった。




この頃から勝つための知識を得るために



ネットであれこれ調べるようになる。(遅い)



そしてスロットブロガーの方々の



「期待値稼働」を知るのだった。



ハイエナの存在は知っていたけれど



ひたすらに期待値を積むことで



収支は収束するということ。



つまり確率は収束するということ。



こんなことを大学も行ってない僕には



にわかに信じられなかった。



しかしブロガーさん達の収支表などを見て



まずは真似からしてみることに。



始めは1000円や2000円の勝ちなど



勝った気がせずに打ち込んでた。



500枚以上ないと換金しない主義でした(アホ)



しかし少しずつ考え方も変わり



収支もプラマイ0くらいになっていった。



よく考えると



月単位で負けないこと自体がほぼなかったのに



少しブロガーさんの真似をしただけで



プラマイ0になったのだ。



もっとちゃんと立ち回っていれば



プラスになるのではないか?



少しずつ少しずつ勉強をして



勝てなくても負けない月が増えて行く。



この辺りからこのブログは始まりました。




負債100万をスロットで取り戻す。




これがブログを始めたキッカケです。



収支表変わりとして始めたブログですが



様々な方々と繋がり



勉強させてもらえることが



とても有り難いものでした。



何より故郷を離れた僕には



共に打ちに行く友達もいなければ



スロを教えてくれる人もいないのです。



こうして新たなスロット人生が始まったのでした。



100万を取り戻した先にあるのは何なのか?



その先に行けたら次に自分はどういう行動、



もしくは目標を立てるのか?



スロット自体をヤメるのか?



今のところはまだ分かりません。



でも100万取り戻すという目標を達成するまでは



このブログも稼働も続けます!



皆様これからもよろしくお願いします!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。